ヴァルダオスタの代表的白ワインを是非!

ヴァルダオスタのワインはあまり日本二も入っていないため、知られていないものが多いです。土壌としては良質ですが、高い山が多いためテラス式でブドウを作るため、生産量は極端に少ない地域です。

 

そういう意味でも、是非この場所で試していただきたいのが、この白ワイン。

「ル・ブラン・デュ・モルジェ・エ・ドゥ・ラ・サル」

 

プリエブラン(Prie Blanc)というブドウ種ですが、生産地の標高は海抜900~1200ⅿ!イタリアでは一番高度の高い場所で生産されるワインのひとつです。

厳しい山の自然を受けて育ったブドウで作られた白ワインは若葉に清涼感を感じさせるスッキリした辛口。後味にはちょっとほろ苦いアーモンドのような風味が残るかなりの品質の高さです。

地元のトラットリーアのおススメであったパプリカのクリームソースパスタとマリアージュします。

 

パプリカの風味とクリーミーなソースがうまく辛口ワインにマッチしますね。

「ブラン・デュ・モルジェ・エ・ドゥ・ラ・サル」はこの他のタイプとしてスプマンテがあります。

 

フランスのシャンペンにも負けない上品な泡と締まりのよい後味は、厳しい気候条件の中で誕生したワインのエレガントな強さを感じさせます。

 

フランス国境近くにあるヴァルダオスタ。夏には多くの避暑客も訪れる場所…緑の渓谷に囲まれた美しい風景と一緒に楽しみたいワインです。